041:契約社員・特定労働派遣



 派遣会社から一般派遣として企業へ就業する以外に、
 派遣会社の正社員、もしくは契約社員として企業へ出向する働き方もあります。


 契約社員の更新は、通常一年ごと。
 最初の契約によっては、どれだけ働いても正社員になれなかったり、ものすごく難しかったり、登用試験がめちゃめちゃ厳しかったりします。
 その会社を背負って就業するので、正社員へのハードルが高いことが多いのです。


 ある、派遣会社で契約社員として働いていた時、あまりのハードルの高さに絶句しました。
 この給料で、休日も勉強して勉強して勉強して、残業代も出ないのに残業をたくさんするの?
 と、途方にくれました。
 10年後の自分なんて微塵も考えられませんでした。3年後に生きているかも想像できませんでした。


 ま、そういう酷いところもあるので、というか多いので、
 きちんと確認しましょう。

 別の派遣会社で契約社員として働いていた時に、ちょうど『リーマンショック』があり、当時の担当や営業の方が物凄く尽力してくださったのですが、扱いが契約社員から一般派遣に落ちることになりました。
 申し訳ないのですが、その時はお断りして以前からやってみたかった業種に飛び込みました。
 そして、それがブラックグレーの会社でした(T_T) うーふーふーー。



 って、出だしから暗い話ですね(^^;)

 正社員が見つからないから契約社員というのもひとつの手です。
 憧れている企業に行けることも多々あります。
 やはり、ちゃんとした企業で就業していたというのは、転職する時に有利になります。
 レベルも上がります。
 得るものが多いです。



 ですので、最初の時にきちんと待遇については確認してください。

・業務についてすぐに聞ける先輩はいるのか。
・その先輩の連絡先は教えてもらえるのか。
・きちんと働けば、正社員への道は開けているのか。
・昇給はどうなっているのか。
・ボーナスは出るのか。
・交通費は出るのか。

 下の三つが出ないなら、一般派遣のが気が楽です。


 一年ごとに更新してもらえるかわからないというのは、かなり不安です。
 そのあたりの不安に対して、きちんと答えてくれる企業を選びましょう。



 ひとつの目安として、
「この業種に就くためには、就業までに何を勉強するのがいいですか?」
 と、聞いてみてください。
 私の場合はきちんと、履歴書を見ながら答えていただけました。
 これを「自分で勉強しろ」とか「自分で考えろ」という会社はあまりお勧めしません。

 就業するまでに勉強する気がある人なら、通常なら会社側は勉強して欲しいものなんです。




 契約社員とはなにか。
 特定労働派遣とはなにか。

 これにもきちんと答えてくれる、率先して教えてくれる会社を選びましょう。




 中には高いレベルだけ求めて、人を使い捨てにする会社もあります。
 会社全体ではなく、そういう雰囲気の支所がある場合もあります。
 人を見下す営業も中にはいます。


 正社員になるための足掛かりとして、選ぶこともひとつの手ですが、契約社員の場合は、特にしっかりと見据えてください。

 

>>次へ


社会人しましょへもどる



miya.f
[okiraku*okimono*life]
おきらく*おきもの*らいふ